ホーム各種事業任意共済保険事業

任意共済保険事業

事業の趣旨

この事業は,町村等及びその他町村等の関係団体の職員の厚生に資することを目的とし,主保険・医療保障保険においては全国町村会と日本生命保険相互会社他と,また,特定疾病保険は株式会社損害保険ジャパンとの間で締結して実施している生命共済(保険)事業です。

事業の内容
1.加入者(被保険者)ならびに加入条件
  1. ①加入団体の常勤の職員及び公益法人等への一般職の地方公務員の派遣等に関する法律に基づき派遣される職員,またはその配偶者等が新規加入する場合,年齢60歳以下で加入申込時現在,職員にあっては,健康で正常に勤務、配偶者または子供にあっては,最近3カ月以内に医師の治療・投薬を受けたことのない者で,かついずれも過去1年間に病気又は傷害で手術を受けたこと,連続14日以上の入院をしたことのない,また,過去1年間に14日以上にわたり医師の治療・投薬を受けたことのない者が加入出来ます。
    なお,更新加入の場合は既契約の保険金額の範囲内での加入については,前記健康上の条件は問われません。
    また,配偶者の加入については,職員とセットで加入することが条件となっております。(配偶者単独での加入はできません。)
    町村長,副市町村長等の特別職については,既に60歳を越えている場合でも新規加入することができます。ただし,就任直後に到来する加入の時期での加入が必要です。
  2. ②退職者またはその配偶者
    職員として加入していた者で,退職後引き続き加入を希望する者(ただし,加入できるのは70歳まで。)及びその配偶者。退職者終身保障保険との二重加入はできません。
  3. ③常勤の職員の子供
    ①に掲げた常勤の職員の子供で,3歳から22歳までの子供。

ページの先頭へ

2.保険金等の支払

○保険金(主契約保険金)は,次の場合に支払います。

○災害保険金は,次の場合に主保険金額と同額を支払います。ただし,子供の場合は200万円支払います。

ページの先頭へ

3.総合医療保険(団体型)

総合医療保険は本保険に任意付加する保険で,加入者が入院(疾病・傷害),手術した場合に,それぞれ入院給付金,入院療養給付金,手術・放射線治療給付金を支払います。

加入資格
主契約(任意共済保険)に加入している職員とその配偶者及び子供です。ただし,新規・増口加入の場合は告知事項に抵触しない者であることを要します。加入年齢は60歳6ヶ月までの者とします。ただし,契約を更新する場合は,69歳6ヶ月までとなります。配偶者及び子供のみの加入はできません。主契約の効力がなくなった場合は,本契約も同時に効力を失います。

ページの先頭へ

4.特定疾病保険

特定疾病保険は、加入者が「がん・急性心筋こうそく・脳卒中」になったときみ、一時金として保険金をお支払する保険です。

ページの先頭へ

5.退職者終身保障保険

任意共済保険に2年を超えて継続して加入していた職員が加入団体を退職したときは,無診査で一時払退職後終身保険等に加入することができます。
ただし,この保険に加入した場合,任意共済保険の退職者としての加入を継続することはできません。

ページの先頭へ

保険期間

保険期間は,毎年1月1日から12月31日まで
※7月1日を始期として中途加入をすることができますが,この場合年齢の計算は当該年度1月1日現在のものとなります。
なお,既に加入している者が7月1日に子供を新規に加入させたり,医療保障保険を付加することはできません。

ページの先頭へ