ホーム各種事業総合賠償補償保険事業

総合賠償補償保険事業

事業の趣旨

この事業は,市町等が所有、使用、管理する施設の瑕疵及び町村等の業務遂行上の過失に起因する事故について,市町等が法律上の損害賠償責任を負う場合の損害を総合的に填補する保険制度です。

事業の内容
1. 賠償責任保険

市町等が次の事故により「住民等第三者の生命もしくは身体を害し,または財物を滅失・き損もしくは汚損した場合」において,市町等が法律上の賠償責任を負担することによって被る損害を填補します。

ページの先頭へ

2. 補償保険

市町等が主催・共催する行事及び社会奉仕活動に参加する住民等第三者が死亡または身体障害(後遺障害を伴うものに限る)もしくは入院・通院を伴う傷害を被った場合,市町が制定する「総合災害補償規程」に基づいて,当該被災者に支払う補償費用を填補します。

※対象となる市町業務

ページの先頭へ

3. 公金総合保険

市町もしくは市町の委嘱を受けた者の管理下にある公金(通貨,小切手,収入証紙,定額小為替,約束手形)が,次の事故により損害を受けた場合,保険金を支払います。

ページの先頭へ

4. 個人情報漏えい保険

市町等が行う業務遂行に関して,日本国内において個人情報を漏えいしたこと,またはその恐れがあることに起因して,損害賠償請求がなされたことにより、市町等が法律上の賠償責任を負担することによって被る損害や、漏えい発生時に対応する次の費用を填補します。

ページの先頭へ

保険期間

6月1日午前0時から翌年5月31日午後12時まで

ページの先頭へ